お金を借りる際、どこを比較して選べば良いの?

お金を借りる場合には、様々な金融機関や貸し金業者があります。どこを選んだらいいのか分からない人も多いはずです。そこでお金を借りる場合には、どこに注目したらいいかを知っておきましょう。言い換えるならばどこを比較したらいいかということです。
比較をする場面は様々ですが、お金を借りる時に気になるのはやはり審査基準ではないでしょうか。そこで、審査基準を比較してみるのがよいでしょう。例えば消費者金融と金融機関では審査基準が少し異なります。基本的に、消費者金融の方が審査が緩いため、お金を借りるのには都合がよいです。一方で、金融機関は消費者金融よりは審査が厳しいのが特徴です。ただしその分年利が安くなっているのがよいところではないでしょうか。消費者金融の年利は最高で18パーセント程度になりますが、金融機関の場合は最高で14パーセントになっていることがほとんどです。借りにくいけども年利が低いのか、それとも借りやすいけども年利が高いのかの違いでしかありません。
もう一つ比較する場面は、限度額がいくらぐらいになるかです。借りる金額にもよって異なりますが、もし100万円以上借りる場合には、消費者金融よりも金融機関の方がお得な場合が多いです。上限額が高く設定されていますので、金融機関の方が便利でしょう。消費者金融は総量規制があるため、その人の年収のおよそ30パーセント程度しか借りることができませんが、金融機関には総量規制がありませんので、もう少し限度額が高くなります。