キャッシングとカードローンの違いは?意味は?

キャッシングとカードローンは、いずれも同じような意味でつかわれる機会が多いです。ただ、本来の意味では、キャッシングは個人向けの小口融資を指し、主にクレジットカードについている借り入れ機能を指します。そして、カードローンは、消費者金融審査甘い審査や銀行のサービスで、カードが発行されて、その極度額を限度として借り入れができるというものになっています。いずれもカードをATMに挿入して借り入れをするという点で共通であり、差はあまりありません。そして、特に区別しないで使われる傾向にあります。ただし、クレジットカードのキャッシングのことをカードローンと呼ぶことはあまりないため、あえて区別をするのであれば、クレジットカードの機能かローン専用カードのサービスかという違いがあります。

返済方法についても、どちらも銀行からの引き落としを利用しているので違いはありません。また、直接銀行に現金で振り込んでもらえるところもあるという点も、同じです。したがって、両社のサービスは均質化しています。そこでいえることは、サービスを選ぶ際には、このカテゴリーの違いで選ぶのではなく、個別のサービスごとに比較して選ぶと良いという点です。例えば、金利が安いところを選ぶといったことや、使えるATMが多い順に選ぶといったことが考えられます。誰にどのサービスが適しているのかは各人の境遇によって異なるため、よく比較検討して選ぶ必要があるでしょう。