信販系カードローンの種類と借入限度額や金利について

信販会社が発行するカードローンは俗に「信販系カードローン」と呼ばれています。信販系カードローンに申し込み、契約が認められると他の三井住友銀行カードローン口コミと同じくローンカードが発行されますが、信販系カードローンの場合は、クレジットカードと一体化しているタイプと、カードローン専用のタイプのうち、どちらか選んだ方のカードが発行されます。

カードローン専用のタイプがもつ機能は、銀行や消費者金融が発行するものとまったく一緒で、借入金の入出金のみを行うことができ、設定された借入限度額もすべてカードローンのために使うことができます。一方で、クレジットカードと一体化しているタイプは、お金の出し入れだけでなく、買い物をしたり、サービスを利用したときの代金の決済にも用いることができます。こちらの場合、カードローンの借入限度額だけでなくクレジットカードの利用限度額も設定され、契約者はカードローンの借入額とクレジットカードの利用額の合計が限度額に達しない限り、何度でも利用できる仕組みになっています。

カードローンを提供している信販会社は、貸金業法に基づく登録業者です。そのため、信販系カードローンの金利は、上限については消費者金融のカードローンとほぼ一緒で、利息制限法の上限にかぎりなく近い利率が設定されています。一方、下限についてはローンカードの種類によって異なっており、カードローン専用タイプだと金融機関のカードローンと同程度か少し高めに設定されているものが多いですが、クレジットカードと一体化しているタイプだと上限より数パーセント低い程度にとどまっているものが殆どです。